中堅企業発展を考えるなら必見!中小企業向けのERPクラウドのポイントなどを紹介します

中小企業が中堅企業への発展を考える場合には、規模の拡張に合わせた効率的な経営管理が必要不可欠となります。これを効果的に行うために有効なものがERPであり、近年ではこの機能を中小企業向けにクラウドシステムで提供する中小企業向けクラウドERPが注目を集めているのが実態です。その特徴や注目されている理由、及び具体的な効果をよく知ることで、企業の発展に向けた効果的なシステム導入を行うことができるようになります。

ERPクラウドを中小企業が導入することでできる業務

中小企業にお勧めしたいシステム化の一つに、ERPクラウドがあります。ほとんどの業務をネット上に上げてしまう事で、情報のやり取りが密になり伝わりやすくなる方法です。規模が多き過ぎると難しい点もあるので、中小企業なら可能な領域といえるでしょう。出来る業務としては給与計算であったり請求書、支払い依頼書などのこれまで煩雑だった作業がかなり効率化されます。ローカル環境で作って確認し、印刷して紙で提出していたのを、全てクラウド上で出来てしまうのですから早いのは当然でしょう。連絡ツールの側面も持っており、タスク管理やリマインダーの機能を使えば社員個人のミスを減らす事も出来ます。ローカル環境に依存する要素がなくなれば、個人のパソコン性能にそこまでこだわる必要もなくなるので、その分コストも浮かせられるのです。導入する際はそれなりに情報のまとめが大変かもしれませんが、それだけの価値があるのがこのERPというシステムといえます。

中小企業のERPクラウドとオンプレミスの比較ポイント

DX化を進める中小企業にとって、ERPをクラウドとオンプレミスのどちらの形式で導入するかは重要な問題です。双方に利点がありますが、比較ポイントとしてはコストや導入時間、利便性やセキュリティなどが問題になるでしょう。中小企業向けクラウドERPは、初期費用を抑えながら運用コストを軽減することができるようになっています。月々の料金はサブスクリプションとなっており、不要になった場合にはすぐに止めることも可能です。アップデートやセキュリティなどもサービスの提供会社に依存するため、詳細な知識を持つ従業員や専門部門がなくても利用することができるようになっています。オンプレミスは初期費用が大きい一方で、長期的な運用が可能です。自社での構築に加えてハードウェアやソフトウェアのライセンス、専門的な人材の雇用などのコストはかかります。アクセスをする場合には社内ネットワーク経由に限定され、外部からの利用は難しいのも特徴です。

多くの中小企業がERPクラウドに注目している理由

ERPクラウドは、クラウドに企業のコアプロセスを統合してしまうシステムを言います。ブロードバンドが一般的になり、常にネットに繋がっている事が当たり前になった現代において、ネット上にデータを置く事のリスクよりもメリットが注目されてきました。さらに中小企業にとって大きな要素としては、ソフトウェアすらローカルにインストールせずに使える環境が増えたことです。これまでは社員全てのマシーンに購入したソフトをインストールするのは、常識でした。しかし全体でERPを遣う事で、その購入の負担も選らせる可能性があります。中小企業にとって聞き逃せない要素であり、これだけ注目される理由にもなっています。全てを統合しているのならそのシステムだけを覚えれば全体を網羅できるため、総務や経理の担当者も負担が減ってやりがいを感じるのではないでしょうか。過剰にパソコンのスペックを求めるという事もなく、購入の負担も減らしてくれます。

中小企業向けERPクラウドの種類にはどのようなものがある?

中小企業向けERPクラウド(Enterprise Resource Planning、エンタープライズリソースプランニング)は、現代のビジネス環境において重要なツールの一つです。企業の業績向上や効率化に貢献するこのシステムは、多くの異なる種類が存在し、各企業のニーズに合わせて選択できます。では、中小企業向けついて詳しく見ていきましょう。 まず、これ、クラウドベースのシステムであるため中小企業にとって負担の少ない運用が可能です。サーバーの設置やメンテナンスにかかるコストが低く、スケーラビリティも高いため成長中の企業にとって理想的な選択肢と言えるでしょう。 企業向けの商品は財務管理に特化したものです。このタイプは会計、経費管理、資金調達など財務に関連するプロセスを効率化します。例えば経費精算の承認プロセスを自動化することで、従業員の負担を減らし誤りを防ぐのです。これにより、正確な財務データをリアルタイムで把握し、戦略的な意思決定が可能となります。 もう一つの種類は生産管理に焦点を当てたものです。これは、生産プロセス全体を効率化し在庫管理、生産計画、品質管理を最適化します。中小企業向けに設計されたこのタイプのERPは、製品の生産サイクルを追跡し、リードタイムを短縮するのに役立つのです。これにより生産効率が向上し競争力を維持できます。

中小企業に入れるERPクラウドの月額相場

中小企業で利用されるクラウドERPの相場は、料金体系によって2つのパターンが考えられます。
まず、ユーザーベースで考えていく場合にはユーザー1人あたりの月額料金としてだいたい5000円程度から3万円程度の範囲内で収まることがほとんどです。
従業員数が少ない中小企業であるのならば、低コストでユーザーベースで利用できるメリットがありますので、こちらを使うところは非常に多いです。
反対に、機能性をベースにして料金体系を考えていく場合には月額料金があらかじめ準備されているので、それぞれのサービスで全く違います。
例えばERPを初めて導入する場合には、様々なサポートを含めて支援してもらう必要がありますので、これが料金に含まれるとは高額な金額になる可能性も十分に存在します。
一方で、マニュアルなどを利用しなくても社員全体で利用できるようになっている場合には、その部分のコストは必要にならないので低コストの相場になりやすい傾向があります。

中小企業に取り入れた際のERPクラウドのカスタマイズ性

中小企業向けクラウドERPのカスタマイズ性は、一般的なシステムのものとは大きく異なるものです。
一般的なシステムの場合には機能を追加することで独自のものを構築するものとなりますが、クラウドシステムの場合には顧客ごとに機能を追加することが基本的にはできないものとなるため、あらかじめ様々なものを用意し、その中から業務に必要なものを選ぶと言う形になります。
中小企業では企業の経営規模が小さいために様々な機能をふんだんに利用するといった傾向は少なく、業務に即したものを選ぶことでその効果を最大限に発揮することができるものとなっています。
ERPは総合的な経営基盤の管理を行うものであることから、それぞれの企業により求められる要素が異なることがポイントです。
これらの要素が数多く用意された中から、それぞれの中小企業が自らの業務に必要なもののみを選んでカスタマイズすることが、このタイプのシステムのポイントとなっています。

中小企業に導入するにあたって知っておきたいERPクラウドのセキュリティー面

中小企業がERPクラウドを導入するにあたり、必要となるのがセキュリティー面への理解です。
大切なデータを扱う中小企業だからこそ、様々な要因について知識を深めておきましょう。
ERPクラウドでは取引履歴や財務データ、顧客情報など機密性の高いデータが扱われます。
サービスの提供側がデータの転送と保存時に暗号化を実施しているかどうかを確認し、実施済みのサービスを導入することが大切です。
システムへのアクセスは必要最小限のユーザーだけに許可し、適切に管理することも重要になっています。
役職や業務に基づいたアクセス権限の設定を行い、機密情報の不正アクセスを防ぐために活用します。
また、多要素認証などを使用して不正アクセスを事前に防止し、セキュリティーを強化することもできます。
ユーザー以外は必要な機能やデータにのみアクセスするように工夫すれば、十分なシステムを構築することができるようになっています。
これらに加えて監査機能を取り入れ、不正な活動の早期発見を行います。

中小企業がERPクラウドを開始するときの流れ

中小企業がERPクラウドを開始するときの流れは、導入前に社員教育を確実に行うところから始まります。
社員の意識が向上しないとシステムを導入しても効果的に使いこなすことができず、逆に業務遂行の妨げとなってしまう恐れがあるためです。
この教育ではシステムの運用方法を始め、管理を行う目的やその効果などを習得する内容となっており、従来よりも定量的で確実な経営を進めることができるものと言う認識を共有することが重要です。
実際のERPクラウドの導入はシステムを企業ネットワークに接続するだけで完了するため、中小企業の業務に与えるインパクトは非常に小さなものとなります。
しかしすべての業務を定量的に管理する仕組みとなることから、これまでの仕事の進め方とは異なるポイントが数多く発生するのが実態です。
これを段階的に的確に習得しながら実現して行くことが導入の成功に向かうための秘訣であり、そのステップを一つ一つ実現することが重要なポイントとなっています。

中小企業がERPクラウド導入するにあたって苦戦する点と対処法

中小企業にとってERPクラウドの導入は、今後の業務効率化への大きな一歩です。
導入が完了すれば、パソコンを高性能に保つ為に買い換えたり、ソフトを定期的に購入するというコストがなくなります。
ただ、苦戦する面があるのも事実であり、中小企業がそれをすれば全て上手くいくという話でもありません。
特に発生しやすい問題は、絶対に変えられないソフトの存在です。
前から使っていてデータも保管されており、自社用に細部までカスタマイズしてしまったせいで汎用のERPシステムで代えが利かない状態になっているシステムは、どうしようもありません。
それを乗り換えるならこれまでのノウハウも一から構築する事になる、そんなレベルの場合は二の足を踏んでしまうのではないでしょうか。
こうなった場合に対処法は一つしかなく、歯を食いしばって一から構築する事です。
ソフトの寿命というものもありますし、将来的に使えなくなる可能性があるのならこのタイミングで、ノウハウを持っている人たちが集まって移し代えるのです。

中小企業 ERP クラウド 導入に関する情報サイト
ERPクラウドについて教えて!

このサイトでは、中小企業向けのERPクラウドのポイントなどを詳しく紹介しており、中堅企業の発展を考える上で必ず知って欲しい内容が数多く網羅されているのが特徴です。特に、パブリック型を採用したときの利点は紹介している情報が少ないため、参考になる内容であるほか、選ぶ際の具体的な方法なども知っておくと便利です。このサイトではこれらの内容をわかりやすく解説しており、中堅企業を目指す経営者にとって必見のものとなっています。

Search